うさちゃんにゅーす

アニメ漫画ゲーム時事

    タグ:好み

    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/12(木) 16:32:13.37 ID:???0.net
    男性のみなさん、一度は「自分がキムタクの国」に行ってみたいと思ったことはありませんか?
    ええと、つまり、「自分の容姿が日本でのキムタクのように『イケメン』と定義される国」ってことです。
    ところ変われば、カッコイイやカワイイの基準は変わるもの、と言われます。日本ではそうでなくても、
    ブラジルではモテる顔、ってのもあるかもなんです。せっかく来たんだし、聞いてみましょう。
    で、やって来ました。水着女性であふれるコパカバーナ海岸。目標を100人に定め、スタートです。
    使わせてもらうのは、日本代表23人の顔写真。日本女性に人気のウッチーこと内田篤人選手、
    ブラジルではどうなんでしょう。やっぱり「濃い」顔の方がモテるんでしょうか。
    2時間半後。ビーチを1キロくらいは歩いたでしょうか。101人に到達しました。
    当初、「ブラジル人に」と限定して始めたんですが、観光客も多い場所だけに、
    ベネズエラやアルゼンチンと言われることもあり、途中で勝手に「南米くくり」に変更しました。
    年齢も、6歳くらいから50代までと幅広いです。
    前置きはこれくらいにして、順位発表、いってみましょう!
    【10位】香川真司・山口蛍(同点) 山口選手、なぜか小さい子に人気。
    【7位】青山敏弘・大久保嘉人・長谷部誠(同点)
    日本の対戦国、コロンビア人女性が長谷部選手を選びました。「髪形がクール。
    髪を染めたりヒゲを生やしたりして特徴を出そうとしていないところがいいわ」とのこと。
    【6位】川島永嗣   コンスタントに票を集めました。
    【5位】柿谷曜一朗  年齢層高めの方から人気があったような……。
    【4位】岡崎慎司   8票獲得。
    【3位】今野泰幸   堂々の14票。2位と1票差です。「ナチュラルなところがいい」とのコメントあり。
    【2位】内田篤人
    南米でもモテるんですね。15票でした。「キレイ」「ハンサム」というコメントの一方、
    「子どもみたい」「カッコいいけど髪が長すぎるから私が切ってやる。電話しろ」との声も。
    【1位】酒井高徳
    圧巻の26票。欧米っぽい顔立ち、やはり人気なんですね。子どもから年配の方まで、すべてに支持されました。
    いかがでしたか。意外と言っては大変失礼ですが、「イケメン」という呼ばれ方はあまり聞かない
    岡崎選手や今野選手が上位に食い込みました。自分で「今野選手に似てるかな」と思っている人、
    ブラジルへ行ってみましょう。
    http://www.asahi.com/articles/ASG696DNBG69UEHF014.html?iref=comtop_fbox_d1_02

    【【サッカー】南米女子に聞いたイケメンランキング 1位 うん 2位 うんうん 3位 ほほぅ 4位 ええっ!】の続きを読む

    1: ◆ENPDAsv5PuwA @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/06/13(金) 01:00:25.73 ID:???0.net
    トピックニュース

    2014年06月12日14時37分

    ゴールデンボンバー・歌広場淳 「石原さとみさんを可愛いと思ったことが一回もない!あのドラマで」


    11日放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)にゴールデンボンバーの歌広場淳が出演し、イケメンについて熱く語った。

    この日の放送にはゲストとして歌広場が招かれ、山里亮太と共に好きな女性アイドルについて語ったり、
    リスナーからの質問に答えるなどして番組を盛り上げていた。

    しかし、歌広場が「本当はね、女性アイドルよりも男性アイドルのほうが好きなんですよ」と話したことから、
    番組にリスナーから「松本潤さんが出てるドラマに毎週興奮してたけど、ゲイ広場なの?」とのお便りが寄せられる。

    歌広場は「だから違います、全然。なんでそう思っちゃうかなぁって不思議ですよ」とゲイではないと即座に否定したが、
    山里からは「今日もさ、驚き方とか照れ方がずっとさ、ほらムンクの叫びみたいな感じで」
    「両手をホッペタにやって『もう!』っていう。(ゲイっぽく)見える、言動も全て」と指摘されてしまう。

    歌広場は納得がいかないのか、「こう考えてください、イケメンは世に開かれた芸術作品なんですよ」
    「それを僕1人のために、僕1人が鑑賞していたいっていう欲求があるっていう話ですよ」
    「イケメンを隅々まで見たい、知りたい」とまくしたて、イケメンについて熱弁した。

    そんな歌広場だが、好きなイケメンはダントツで嵐の松本潤であると回答。
    松本が出演していたドラマ「失恋ショコラティエ」は、リスナーからのお便り通り、本当に毎週鑑賞していたそうだ。

    「僕ら同性だとしたら、やっぱり石原さとみちゃんの言動とか立ち振る舞いに、キュンキュンしたいみたいなことは?」と不信がる山里に歌広場は、
    「こんなこと言ったら、燃えて(炎上)しまうかもしれないですけど、石原さとみさんを可愛いと思ったことが一回もない!あのドラマで」
    「あのドラマで僕はね、松潤さんのカッコよさしか観ていない!」と明かした。

    「イケメンが好きですね、三度の飯よりイケメンが好きです」
    「イケメンって見てると元気になってくるんですよね」「イケメンはいいですよ。決して裏切らないです」と語る歌広場は、
    自身でも「Autumn Leaf(オータムリーフ)」というイケメン揃いのフルーツパーラーを経営するなど、イケメンに対して並々ならぬ情熱があるようだ。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8930194/
    no title

    【【芸能】イケメン好きの金爆・歌広場淳 「イケメンは良い 決して裏切らない」】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2014/06/06(金) 09:19:39.43 ID:???.net
     安くて手軽に本格的な味が楽しめることから人気をつかんだコンビニのコーヒー。今や店頭の顔となり、愛飲している読者も多い
    のでは。4社の提供スタイルやこだわり、メニューなどを紹介しよう。

    ◆セブン-イレブン コク深い味に
    no title


     【SEVEN  CAFe】 ペーパードリップ方式でボタンを押すと、マシンの中で豆を挽(ひ)き、待つこと約45秒でふんわり香りが漂う。
    豆はハイグレードなアラビカ豆で、2度の焙煎(ばいせん)工程を経るダブル焙煎という手法でコク深く仕上げた。豆は水洗いして余分な
    ものを取り除く方法で精製するので、雑味が少なくすっきりした味だ。焙煎したての豆はチルド配送し、品質保持にもこだわる。ホットと
    アイスで異なった焙煎方法の豆を使用し、美味(おい)しさを追求。レギュラーサイズ各100円。

    ◆ローソン メニュー豊富
    no title


     【MACHI cafe】 カフェのような雰囲気にこだわった対面販売。「ブレンドコーヒーM」(185)円や「カフェラテM」(216)円、季節限定の
    「アイス宇治抹茶ラテ」=写真、247円=など、常時10種ほどの豊富なメニューがそろう。豆はフルーティーで優しい甘みのパルプド
    ナチュラルという製法の豆を20%使用。種類ごとに焙煎してからブレンドするアフターミックス製法を行う。ラテメニューに使う牛乳は
    成分が変わりにくい加熱方法で製造、甘みとコクが楽しめる。

    ◆ミニストップ 後味すっきり
    no title


     【M’s  STYLE  COFFEE】 3月に豆と焙煎方法を見直し、男性が好む苦味を重視した味から、女性にも好まれるすっきりした
    後味を感じるものにした。中米を中心とした5種類の豆をブレンドした「ホット」と南米産など4種のブレンド「アイス」がある(各100円~)。
    じっくり抽出したコーヒーを、店頭のディスペンサーに入れて提供する。Sサイズのアイスコーヒーに、同店人気のソフトクリームを
    浮かべた「コーヒーフロート」=写真、180円=も。

    ◆サークルKサンクス 厳選の豆使う
    no title


     【淹(い)れたてコーヒー】 ペーパーフィルターと豆が密封された1杯抽出用のカートリッジを機械にセットして、ボタンを押すと約30秒
    でドリップされる。大手飲料メーカーUCC上島珈琲の「スーパーアロマ製法」という技術で製造されたもの。ホットコーヒーは、厳選された
    アラビカ豆を使用した「オリジナルテイスト」(100円)のほか、すっきりした後味の「キリマンジァロAA100%」(154円)など7種。
    「アイスコーヒー」は2種(120円~)。

    ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/info/kurabe/CK2014060602000187.html

    【【珈琲】コンビニのコーヒー比較 どこが好き?】の続きを読む

    このページのトップヘ