うさちゃんにゅーす

アニメ漫画ゲーム時事

    タグ:復活

    1: マスク剥ぎ(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 14:33:26.33 ID:OseljoTe0●.net BE:273822876-PLT(23122) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kukkuru01.gif
    no title

    no title

    no title

    no title


    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/06/18/0007064508.shtml
    大塚範一さん、白血病の壮絶闘病語る

    3年前から急性リンパ性白血病で闘病中のフリーキャスター大塚範一さん(65)が18日、テレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜正午)に
    6年ぶりに出演、白血病との壮絶な闘いと、そのさなかに迎えた母の死について語った。

     抗がん剤治療を始めてからは味覚がなくなり、食欲もなくなった。喉が腫れて薬が飲めなくなったが、
    その薬は多い時で1日70、80錠、今でも40錠くらいは飲み続けているという。

     治療の一環として臍帯血を移植された際には、無菌の移植部屋に入れられた。3、4畳くらいの狭い部屋に
    トイレやシャワー、テーブル、ベッドが設けられ、そのベッドの上に両腕に点滴を4、5本刺さした状態で横たわった。

    【【テレビ】大塚範一さん 徹子の部屋出演 壮絶な経験を語る】の続きを読む

    1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2014/05/29(木) 11:14:03.37 ID:???0.net
    「ニューヨークへ行きたいか!」の掛け声も懐かしい、伝説的超大型クイズバラエティー
    「アメリカ横断ウルトラクイズ」が6月、四半世紀ぶりに再放送で復活する。

     1000問以上の難問珍問をクリアしながら最終決戦地のニューヨークを目指す過酷なクイズサバイバル。
    クイズだけでなく、勝者と敗者、敗者復活などのドラマも描く“二本柱構成”がウケて、
    1977年から92年まで毎年1作と98年放送の計17作が放送された。ブームを作るほどの人気ながら、
    視聴者参加型による権利関係の諸事情から再放送されず、DVDも未発売だった。

     このたび再放送を手掛けるのはCSチャンネル「ファミリー劇場」。放送は88年の第12回で、
    本格ブラジルロケが行われて番組最長の5万5000キロを移動した。ブラジルでのサッカークイズの
    キーパー役で、あの名選手、ペレの息子が登場するお宝映像もある。

     もちろん、6月12日から始まるブラジル開催のサッカーW杯にあやかった放送。この12回から
    海外リポーターを務めた元日本テレビのフリーアナウンサー、小倉淳氏(56)と、初回からほぼすべての
    番組構成とクイズ作成を担当した萩原津年武(つとむ)氏(75)による新収録の裏話満載の特番も
    合わせて放送される。

     小倉アナは「すごい重労働だった」と当時の苦労を振り返る。

     「荷運びが大変で、ジェラルミンケース100個ぐらいをトラックなどに積んだり降ろしたり、
    ホテルの部屋に運んだり。あとクイズの場所のセッティングと片付け。帰りの飛行機では爆睡でした」

     長期の海外出張。さぞ手当で儲かったのではと思うが、小倉アナは「当時、日テレは海外出張に
    残業代が付かなくて、33泊35日とかで行って月収は税金を引かれ14万くらい。スタッフたちと
    『俺ら、ビンボーになってない?』と慰め合った」と笑い飛ばす。

     大人気を誇った番組だが、制作費は、「2時間特番1本4500万の5回分にプラスアルファ」(小倉アナ)
    と巨額。萩原氏は「17回全部赤字。でも赤字が何千万になろうが、スポンサーからもっと高い金額を
    取れればいい、視聴率が取れればいいワケ。それに赤字を出したプロデューサーは始末書を書いて
    みんな偉くなった」と、テレビ絶頂期の意地をかいまみせた。

     「他局のアナウンサーにうらやましがられた。ボクのキャリアの中で、最高の思い出で最大の苦難」
    と小倉アナ。放送は第1週分が6月6日、2&3週分は13日、4&5週分が20日のいずれも午後8時。
    22日午前10時から全5週分一挙放送。
    特番「今だから話せるウルトラクイズ(丸秘)証言集(1)(2)(3)」も随時放送。

    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140528/enn1405281530020-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140528/enn1405281530020-n2.htm
    「アメリカ横断ウルトラクイズ」特番に出演する小倉淳アナ(右)と構成作家の萩原津年武氏
    no title

    再放送される「史上最大!第12回アメリカ横断ウルトラクイズ」
    no title

    【【ニューヨークへ行きたいか!】ウルトラクイズ、四半世紀ぶり復活! 小倉淳氏&萩原津年武氏が舞台裏を大暴露】の続きを読む

    1: バーニングハンマー(京都府)@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:15:13.07 ID:WM1NYO230.net BE:645455701-PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_giko10.gif
    トヨタ自動車が、2004年に国内販売を終了したスポーツタイプ多目的車(SUV)「ランドクルーザー」の
    70系(通称ランクル70)=写真=を8月にも再発売することが26日、分かった。

    10年前に発売を終えた車種が復活するのは極めて異例。
    ランドクルーザーは四輪駆動車の代名詞とされ、自然環境の厳しい地域を中心に高い支持を得ている。
    トヨタ車の中で最も歴史が古く、1951年に初代を発売。最新モデルは2007年発売の200系で、国内外で販売している。
    ランクル70は、悪路での高い走行性能や直線基調の武骨なデザインが魅力とされ、現在も自動車愛好家の間で人気が高い。
    84年の発売から今年で30周年の節目を迎えることから再販売を決めた。

    http://az490469.vo.msecnd.net/~/media/highlight/2014/05/26/9Z20140526GZ0JPG00139400100.jpg
    http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/05/26/34toyota/

    【【トヨタ】ランクル70復活 再発売 30周年の節目】の続きを読む

    このページのトップヘ