うさちゃんにゅーす

アニメ漫画ゲーム時事

    タグ:技術

    1: yomiφ ★ 2014/06/08(日) 10:08:45.66 ID:???.net
     誕生40周年を迎えたバンダイの大ヒット玩具「超合金」シリーズ。「マジンガーZ」や
    「黄金戦士ゴールドライタン」、スーパー戦隊シリーズなど人気アニメや特撮作品などが
    続々と超合金として発売され、1970~80年代に多くの子どもの心をつかんだ。
    90年代に入ると人気は落ち着いたが、97年以降に登場した大人向けの
    コレクターアイテムが、今もなお“超合金世代”から支持を集めており、
    “子どものあこがれ”から華麗なる転進を遂げた。超合金の盛衰の軌跡をたどりつつ、
    “玩具業界を変えた”とも言われる革新性に迫る。

     ◇ずっしり重く、ひんやりした質感でロボらしく

     超合金が誕生したのは1974年で、第1弾として「マジンガーZ」が発売された。
    no title


    ネーミングは同作に登場する架空の金属「超合金Z」に由来する。当時はブリキや
    ソフトビニール、プラスチック製の玩具が主流だったが、超合金は、自動車関連部品など
    にも利用されている亜鉛合金(ダイキャスト)を使ったことが斬新だった。亜鉛合金を
    使用したのは“ロボットらしさ”を再現するためで、ブリキやソフトビニール、
    プラスチック製の玩具にはない、ずっしりと重く、触れるとひんやりとする質感を目指した。

     発売当時のCMでは「強い!重い!」をキャッチコピーに、それまでの玩具との違いを
    アピールした。子ども向け玩具は“10万個で大ヒット”といわれる中、マジンガーZの
    超合金は1年間で約50万個を売り上げるほど人気商品となり、他社からも
    亜鉛合金製の玩具が続々と登場するなど玩具業界は“超合金ブーム”に沸いた。

     ◇ファミコン登場で一時下火に…

     超合金はその後、「勇者ライディーン」(75年発売)で変形、「超電磁ロボ コン・バトラーV」(76年発売)で
    合体を取り入れ、それぞれ約80万個を売り上げるなど“バブル状態”となった。
    no title

    no title


    さらに「Dr.スランプ」(81年)や「パーマン」(83年)などロボットアニメ以外のキャラクターも
    続々と“超合金化”されるなどブームは過熱した。同社のコレクターズ事業部の泉慶太さんは、
    飛ぶ鳥を落とす勢いだった当時の商品展開について「どの商品も好調でした。
    新商品を発表するたびに、合体や変形など新たなギミックを取り入れることで、
    子どもに飽きられないようにしていたようです」と話す。

     その後、80年代前半には「黄金戦士ゴールドライタン」(81年)などのヒット商品も
    生まれたが、80年代後半になるとブームが一段落する。泉さんは
    「『ガンダム』などリアルロボット路線が流行した後、ロボットアニメの人気が落ち着いた。
    また、ファミリーコンピュータがヒットし、玩具の流行が変わったことも
    影響しているのかもしれない。80年代後半からは、スーパー戦隊シリーズなどの
    超合金はあったが、一時に比べると商品点数は随分減った」と分析する。

    >>2につづく)
    http://mantan-web.jp/2014/06/08/20140607dog00m200044000c.html

    超合金40周年記念サイト
    http://tamashii.jp/special/chogokin40th/

    【【ホビー】『超合金』 40年の軌跡 玩具業界を変えた革新性とは?】の続きを読む

    1: ボ ラギノール(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:03:10.32 ID:Lr4hpBK30.net BE:166938718-PLT(13025) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/mazu.gif
    「ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!」のテレビCM第3弾が公開に - 4Gamer.net
    http://www.4gamer.net/games/239/G023966/20140526026/

    PlayStation Vita『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』
    2014年06月26日 発売
    7,171円(税込み)

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【性能】
    PS vita>>>>>>PSP>>>PS1

    【【戦略】日本のゲーム どう思う? ガルパン】の続きを読む

    1: 膝十字固め(千葉県)@\(^o^)/ 2014/05/23(金) 23:55:07.31 ID:yCMHOSSe0.net BE:548963814-2BP(1000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_jyorujyu03.gif
     国内外で人気のバーチャルアイドル「初音ミク」が添い寝をしてくれるすごいシステム「Miku Miku SOINE(ミクミク添い寝)」が今、話題になっている。
    開発したのは筑波大大学院博士前期課程1年の根岸匠さん(22)。すでにバージョン3まで完成しており、さらなる進化に意欲をのぞかせる。

     ゴーグルのような形をしたディスプレーを装着してあおむけになり、顔を横に向けると初音ミクが登場する。「なあに」「おやすみ」などと声をかけてくれたり、笑顔を向けたりする。
    左側に頭を倒して見つめていると、顔を赤くしたミクが「恥ずかしいよ…」と照れた表情に。ファンにはたまらないシーンだ。

     このシステムは、仮想現実に特化した頭部装着型ディスプレー「Oculus Rift(オキュラス・リフト)」用に作られた。ディスプレー装置が頭の動きをとらえて、それに応じた画像を映し出す仕組みだ。

     初音ミクのファンでもある根岸さんは「Miku Miku SOINE」を昨年8月からわずか1カ月ほどで完成させた。バージョン2では、ミクが見つめられると反応する機能を持たせ、
    最新のバージョン3では「おはよう」と起こしてくれる機能を加えた。現在はバージョン4の開発を進めている。

     商品化は未定だが、根岸さんは「いずれ触覚や嗅覚も感じられるようなものを作り込んでみたい」と話している。

    http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140517/ent14051718000004-n1.htm
    no title

    【天使の初音ミクさんが添い寝して「恥ずかしいよ」とささやく 大学院生が開発】の続きを読む

    このページのトップヘ